BeatTube 遊び方マニュアル

ゲームの基本操作

Touch
青いオブジェクトがバーのところまで来たら、オブジェクトをタッチ!

フリックオブジェクト

Flick
タッチしたあと、矢印の方向へフリック!(指をスライド)

同時押し

Sync
2本の指で同時にタッチ!(両手を使うのもオススメ)

長押しオブジェクト

Hold
ラインが終わるまで指を押したままにしよう!(指を離す時はタイミングを合わせる必要はありません)

連打オブジェクト

Roll
ラインが終わるまで、できるだけ速くタッチを繰り返して、連打しよう!

チェーンオブジェクト

Trace
左右になぞるように長押し!

クロス

Ientersected
判定バーの位置以外でも、どの高さ(縦座標)でタッチしても反応するので、指を上下にずらして交差させよう!(浮かせてはいけません)

判定

Judge
タッチなどのタイミングの良し悪しに応じて、スコアが決まります。「PERFECT」が最も良い評価です。ただし、PERFECTの中にも非常に細かい精度の判定があるため、すべてPERFECTでも通常100点にはなりません。より高いスコアを目指して競い続けることができるゲーム方針となっています。

無線イヤホンを使用すると、ヒット音(タップ音)が遅れて聞こえる

無線イヤホン(Bluetoothなどコードレス)は仕様上、遅延があるものです。製品の性能によりその度合は様々ですが、音楽ゲームを遊ぶ上では適しません。有線のイヤホンをご利用ください。
どうしてもご利用になりたい場合は、アプリ内の「設定」→「ゲームの設定」にて、「ヒット音」を0%にし、「タイミング」を -50ms ~ -100ms 程度に調整してみてください。

タッチの無反応、遅延について

これまで無反応に関する多数のお問い合わせを頂いてまいりましたが、弊社の調査では、下記の様々な要因により「端末そのものがタッチを認識していない」という結論に至っており、アプリ上で解決することは不可能でございます。またそのほとんどの原因が、「2つの指が近接している」か「タッチを認識しない画面端を触っている」ことによるものです。
iOSの「設定」より「一般」→「アクセシビリティ」→「タッチ調整」で、タッチ調整が有効になっている場合は必ずオフにしてください。この設定がオンになっていると、タッチが反応しなかったり遅延します。
2つの指が接触していたり、非常に近い位置をタッチした場合、1つのタッチとして認識され、片方の指が反応しないことがあります。指は必ず離してタッチしてください。「タッチ反応テスト」ツールを用意しましたので、ここでお試しください。
iPhone6以降の端末では、画面端において指が画面の外側近くのほうから先に触れると、タッチが反応しない仕様があります。これは本アプリに限らず、誤操作を防ぐためと思われる端末自体の仕様です。画面端をタッチする際は、すこし内側をタッチするようにしてください。「タッチ反応テスト」ツールを用意しましたので、ここでお試しください。
その他、アプリ内の「設定」→「ゲームの設定」→「余白の自動調整」がオンになっていることも併せてご確認ください。
なお、横画面では問題は発生しませんので、横画面でのプレイもご検討ください。
iPhone6s以降の端末では、3D Touch搭載により画面左端にアプリを切り替えるための「エッジプレス」機能があり、タッチが通常通り反応しない領域があります。タッチが反応しないと感じる方は、iOSの「設定」より「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」を無効にしてお試しください。
その他、アプリ内の「設定」→「ゲームの設定」→「余白の自動調整」がオンになっていることも併せてご確認ください。
なお、横画面では問題は発生しませんので、横画面でのプレイもご検討ください。
冬場などは布団などの静電気により、誤反応することが確認されています。また、充電中の使用も場合によっては影響があるようです。様々な環境要因もあわせてご確認ください。
なお、1つのオブジェクトをタッチしたあと(反応したあとに)、そのまま指を離さずに別のオブジェクトを処理することはできません。チェーンなどが抜けてしまう原因となっていますので、ご注意ください。

タッチの遅延・無反応について(iPad Air2)

iPad Air2では「縦画面」で遊ぶと、不自然なタッチの遅延が発生し、タッチが反応しないように見えることがあります。これは端末ハードウェア依存の問題であるとみられ、現状回避策は見つかっておりません。「横画面」の場合は大幅に改善するようですので、iPad Air2においては横画面で遊んでください。なお、BeatTubeではiPad Air2はサポート対象外となりました。

プレイ中にマルチタッチするとゲームが一時停止してしまう(iPad)

iPadにはマルチタッチでジェスチャーするiOSの標準機能がオンになっていますので、ゲームをされる場合は必ず「設定」アプリの「一般」→「マルチタスク」で「ジェスチャー」をオフにしてください。

フレームレートの低下

本アプリは動画の再生とゲームの処理を同時に行うため、プレイ環境によってフレームレート(1秒間に画面描画する回数)が低下してしまうことがあります。特にiOS7やiOS11でこの現象が多く確認されています。フレームレートが低下すると、オブジェクトの移動など画面がカクついて見えるようになります。端末により完全に防ぐことはできませんが、できるだけ防ぐには、以下の対策を行ってください。
なお、iOS7の場合はiOS8にアップデートすると慢性的なフレームレートの低下問題が解決しますので、可能な場合はアップデートをオススメいたします。
また、本アプリの最低動作端末はiPhone 4S以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)となっており、それ以外の端末では動作を保証できません。また、弊社で動作確認している推奨端末はiPhone 8以降となっています。

頻繁にアプリクラッシュ(強制終了)が発生する場合

BeatTubeのアプリを一度削除し、App Storeより再インストールを行うと問題は改善されるようです。大変お手数おかけいたしますが、問題が発生しお困りの方はお試しください。なお、iOSの改造などがない場合は、再インストールすることで同一端末では自動的にアカウントが引き継がれますのでご安心ください。

譜面の作成